海外「お歯黒って奇妙よな」

スポンサーリンク

引用:reddit.com

お歯黒(おはぐろ)とは、明治時代以前の日本や中国南東部・東南アジアの風習で主として既婚女性、まれに男性などの歯を黒く染める化粧法のこと。日本では古代から存在したとされ、民間には明治時代末期まで見られた。漆のような艶のある真っ黒が美しいとされた。(ウィキペディアより)

(くコ:彡海外の反応)

▼かいがいんAnonymous
日本の本格的な時代劇を見るとたしかにあるね。
でもなんで歯を黒くするという化粧法にたどり着いたんだろうね。

▼かいがいんAnonymous
ああ日本の時代劇を見ると歯を黒く染めている女優を見ることが出来る。

▼かいがいんAnonymous
半蔵の門に登場した今川義元とか歯を黒くしている登場人物見た時歯の衛生状態が悪かったのかと思ってたよ。

▼かいがいんAnonymous
日本の古い侍映画で黒い歯を見た時に歯が腐っているのかと誤解してたよ。

▼かいがいんAnonymous
用心棒で黒い歯を見た時に困惑した覚えがある。
これで説明がつくな。

▼かいがいんAnonymous
お歯黒をすると虫歯も少なくなるらしいんだよね。

↑▼かいがいんAnonymous
合理的な理由もあったという訳か。
興味深いね。

▼かいがいんAnonymous
歯の詰め物とはまた違うんだよね?

▼かいがいんAnonymous
これは凄く興味深いよ。
糖分が豊富で歯の問題を多く起こす今日の社会でも歯の為の密閉剤はあるのだろうか?

▼かいがいんAnonymous
真っ赤とか真っ青よりはいいんじゃないかな。
均一に塗られてたなら。

▼かいがいんAnonymous
美の基準は見る人によって異なる。

▼かいがいんAnonymous
舞妓は芸者になるまで歯を黒く染めていたよ。

▼かいがいんAnonymous
本当に歯を黒くすることが、美しいと思っていたのだろうか?
それともお互いに嘘をついていただけ?
流行りが定着したのか?

▼かいがいんAnonymous
歯を見せることは、下品だと考えられていたんだろ。