海外「日本の宇宙ベンチャーが月面ミッションに挑戦するらしいぞ」

スポンサーリンク


引用:reddit.com

日本の宇宙ベンチャー「ispace」がシリーズAにおいて100億円超えの巨額の資金調達をしました。
ispaceはGoogle Lunar XPRIZE(XPRIZE財団によって運営される世界初の月面探査レース)に日本から唯一参戦しているチーム「HAKUTO」などで有名です。
そしてこのシリーズA(スタートアップ・ベンチャー企業に対して投資家が出資する初期の投資ラウンドのこと)において100億円超えの調達を達成したというのは日本のスタートアップ企業による国内過去最高額、また宇宙分野のシリーズAとしても世界過去最高額となるそうです。

アメリカではイーロン・マスク氏のスペースXによる火星探査計画や有人月面探査再開へトランプ大統領が大統領令で方針転換をするなど月ひいては宇宙探査の将来が楽しみになるような話題が多いですね。

(くコ:彡海外の反応)

▼かいがいんAnonymous
SPPPPPPPPPPPPPPPPAAAAAAAACCCCCCCCEEEEEEEEEE
RRRRRRRRAAAAAAAAAAAACCCCCEEEEEEEEEEEEEEE

▼かいがいんAnonymous
スペース・レース? スペース・レース!

▼かいがいんAnonymous
↑ビッグスペース・レースだ!
SpaceX、Blue Origin、Boeing、iSpace!
マジでヤバいな!

▼かいがいんAnonymous
↑ArianeSpace、CNSA、ESAなどを忘れないで………

▼かいがいんAnonymous
次のスペースレースは民間企業が主導していく時代だなぁ

▼かいがいんAnonymous
このような計画が企業主導であるということは私にとって大きな心配だ。
昔から宇宙探査プログラムは、月や惑星の元来の環境が地球由来の物に汚染されないことを確実にするために非常に長引いており、適切なマネージをすると利益を生み出す組織が現れるとは思わない。
特に現在のグローバルな企業覇権の下では。
先進技術が新しいフロンティアを開いていた時代のように、これらの場所に存在するリソースが政府などから個人の手に奪われることは個人的に心配。

▼かいがいんAnonymous
宇宙戦争が始まるのかい?

▼かいがいんAnonymous
日本のSpaceX?

▼かいがいんAnonymous
ちょとまって彼らはロケットや宇宙船などの輸送手段を開発してるわけではないよね?

▼かいがいんAnonymous
ispaceは輸送という部分よりも月探査の部分に集中しているみたいだね。

▼かいがいんAnonymous
ispaceが月にたどり着くためにインドのチームと組んでいるみたいだ。

▼かいがいんAnonymous
記事には実際に何をしようとしているのかについて詳しく触れていないけど、 彼らのウェブサイトにはかなり詳細に書かれていたよ。
どうやらGoogle Lunar XPRIZEにチャレンジした後、月探査機を投入し、月面着陸をする予定みたいだ。
そこから、潜在的な水資源のために極域を探査し、情報および輸送サービスプラットフォームの基盤として利用できるようにしようと計画してるようだね。
それらが解決したら、今度は「安定した月面開発の実現のための産業基盤」の建設に移るというのが目標みたい。

▼かいがいんAnonymous
我々にはこのような企業が多く必要なんですよ!
グッドラック!
ispace!

スポンサーリンク
オススメ記事!(外部サイトへ移動します)
RSS  

▼かいがいんAnonymous
これは良いニュースです。
(NASA・SpaceX)=アメリカ/中国が月探査計画を立てれば、それで月探査が終わりなのだと思う人もいます。
けれども、私たちがまだ見たことのない月の場所は多くあります。
すべての国が月に探査機を発射すればいいのです。

▼かいがいんAnonymous
↑そのとおりだね。
僕たちはまるで月の全てを知っているかのように振る舞う。
けれども、本当はまだまだ知らないことだらけだ。

▼かいがいんAnonymous
エヴァンゲリオンの風景が思い浮かばれる。

▼かいがいんAnonymous
月に座っている淡い白髪の少年……

▼かいがいんAnonymous
スターバックスがすべてを支配するのだ。

▼かいがいんAnonymous
Appleの宇宙計画で名前が付けられなくなった!
Appleからの訴訟に注意しろ!

▼かいがいんAnonymous
こんなニュースもあるみたいだ。
「Ispaceの計画は、現在、宇宙での人間の努力の次の段階を踏み出しています。
同社は日本を拠点としていますが、3月にルクセンブルグに子会社オフィスを、カリフォルニアの研究センターに小規模オフィスを開設しました。
CNBCによるとルクセンブルクのエティエンヌシュナイダー副首相は、ispaceがルクセンブルグの宇宙産業をどのように成長させ続けるのか期待していると語った。」

▼かいがいんAnonymous
グーグル、日本の新興企業、中国、インドなどが月に行くということに魅了されているのは面白いと思う。

▼かいがいんAnonymous

月に関するプロジェクトのための日米間の協力ということに興味や関心が持てた人はぜひ漫画「宇宙兄弟」をチェックするべきです。
近い将来に月におけるミッションがどんなものになるかについて非常に実現可能な表現で描かれており、とても素晴らしいお話です。

▼かいがいんAnonymous
↑GOOD

▼かいがいんAnonymous
ああ、私たちは近い将来に月にまた人を着陸させることができるのだろうか?