海外「WW2で日本軍から攻撃を受けるアメリカ軍の動画を見つけたよ」【海外の反応】

スポンサーリンク


引用:reddit.com

(くコ:彡海外の反応)

▼KAIGAINアノニマス
撃ってるのはトレーサー(曳光弾)かな

かいがいん補足:※曳光弾(えいこうだん英: Tracer ammunition)は発光体を内蔵した特殊な弾丸。射撃後、飛んでいく間に発光することで軌跡がわかるようになっている。トレーサーとも言う。射手に弾道を示し軌跡を知ることで射撃中に方向を修正することができるため、対空射撃または航空機からの射撃で各種の合図のために使用される。欠点は発射元の位置も推測されてしまうことと弾道が普通弾と異なることである。(Wikipedia)

▼KAIGAINアノニマス
これ本当にアメリカと日本?

▼KAIGAINアノニマス
おおファ○ク地獄のようだ
この動画の部分以外の現実を想像してみてくださいよ

▼KAIGAINアノニマス
トレーサー(曳光弾)は心理的な観点からも非常に重要なものだよ
敵の攻撃機のパイロットが突然多くのトレーサーが自分に向かって来るのを見た場合彼らは目標を逃してしまったりミスをしたりする可能性があるからね
戦争初期にHMSプリンス・オブ・ウェールズ号とリパルス号に搭乗したトレーサー弾が足りなくなったことで日本の航空機による撃沈に繋がったりしたと言われてる

▼KAIGAINアノニマス
トレーサーってどうやって見えるようにしてるんだ?

↑▼KAIGAINアノニマス
基本的に発射時に燃え始めるベース(可燃性金属)に火薬を充填してる

スポンサーリンク
オススメ記事!(外部サイトへ移動します)
RSS  

▼KAIGAINアノニマス
疑問なんだけど低空飛行している航空機に向かって弾丸を撃ったときに仲間の船を偶然撃ったりしたことってあったのかな?

↑▼KAIGAINアノニマス
現実にあったらしいぞ

↑▼KAIGAINアノニマス
そん時の被害ってどれくらいかな

↑▼KAIGAINアノニマス
ああえっとそれは壊滅的だったらしい
日本の飛行機はあなたが話しているようなことを達成しようとしていたんだ
船艦の間を低く飛ぶんだ
動画のラウンドの大部分は20mmぐらいかな
たとえ何かの背後にいたとしても外に出た乗組員を簡単にミンチにできる
あらゆる40mmまたは5インチのシェルは、船のデッキおよび上部構造を荒らす可能性が十分にある
USSジョンストンのような駆逐艦は日本の戦艦やサマール沖の巡洋艦にこの武器を使用した
船をこのように沈めたことはなかったが乗組員の操業を妨害して死傷者を引き起こしたりした

▼KAIGAINアノニマス
操縦者はハイになってそう

▼KAIGAINアノニマス
こういう映像好き

▼KAIGAINアノニマス
少なくとも30の弾丸があるはず

▼KAIGAINアノニマス
うわー1機の航空機にすごい量の弾丸が打ち込まれてるよ

▼KAIGAINアノニマス
こんな状況でも艦隊に突っ込んでくるんだもんなぁ

▼KAIGAINアノニマス
こんな銃弾の雨の中機体を艦船にぶち当てることができた奴は相当な腕だったろうになぁ

▼KAIGAINアノニマス
この時代のレーダーとかって実用的なものだったの?

▼KAIGAINアノニマス
ここまでのことをしておいて今は仲良くやってるのが不思議なものだなぁ

▼KAIGAINアノニマス
たぶん元の動画を見つけた

↑▼KAIGAINアノニマス
サンクス!

▼KAIGAINアノニマス
貴重な映像だな