日露戦争中日本のナースは黒い看護服を着ていた!?【海外の反応】

スポンサーリンク


引用:reddit.com

(くコ:彡海外の反応)

▼投稿者
日本の看護婦は日露戦争中黒い看護服を着ていたようだ1905年の写真?

↑▼かいがいんAnonymous
ワオ美しいね

▼かいがいんAnonymous
黒い制服の目的は血を見せないためなのかな?

▼かいがいんAnonymous
まるで死神のようだ
看護婦にこんな格好をさせるのは賢いことではないよ

▼かいがいんAnonymous
吸血鬼じゃないのか!?

↑▼かいがいんAnonymous
たぶん吸血鬼かも……

スポンサーリンク
オススメ記事!(外部サイトへ移動します)
RSS  

▼かいがいんAnonymous
これがアニメのコスプレじゃないってことに俺を納得させてみろ!

▼かいがいんAnonymous
彼女が持ってるハンカチに何か重要なことでもあったのかな

▼かいがいんAnonymous
このナースに助けられたい

▼かいがいんAnonymous
写真のあの赤い点々は何だ?
元々赤色だったの?

▼かいがいんAnonymous
自分の知らない戦争がたくさんあるんだなって

↑▼かいがいんAnonymous
全部を知るには多すぎるよね

▼かいがいんAnonymous
この写真は黒いのか?
赤みのある服じゃないのだろうか
オルソクロマチックフィルムだと赤みは黒色で表されるからね

かいがいん補足:モノクロフィルム…パンクロマチックフィルムは可視光線のすべてに対して感度を持っている一方、オルソクロマチックフィルムは青と緑に限られ、赤に対しては感度を持たない。パンクロマチックフィルムは1906年になってようやく写真用の感材が商業的に提供されはじめるようになった。(wikipedia)

↑▼かいがいんAnonymous
確かに赤い服かもしれないな

▼かいがいんAnonymous
おそらく看護服の色は元々はピンクかオレンジだったんじゃないかな
当時の写真技術は赤の色合いを上手く感光させることが出来ないんだよ
だから時節女性たちは服の生地を切り取ったりして写真と一緒に保管したんだ
身に着けていた色鮮やかな服の実際の色が分かるようにね

↑▼かいがいんAnonymous
素晴らしいアイデアだなぁ
色のない写真の色付けの手助けになる

▼かいがいんAnonymous
一番下に書いてあるテキストから
「当世風俗千姿」のポストカードシリーズだと分かったよ
他にも色々紹介されてる↓

ボストン美術館サイト

『日露戦争中日本のナースは黒い看護服を着ていた!?【海外の反応】』へのコメント

  1. 名前:KAIGAINの匿名さん 投稿日:2018/03/01(木) 05:07:51 ID:5fb797c27 返信

    1905年のものならそりゃそうだろと…